先輩紹介

今日やることは、
昨日の私を超えること。

STAFF 05

店長・エリアマネージャー

青山はるか HARUKA AOYAMA

(2004年入社)

キャリア

~アルバイトとして豊川店で勤務

2004

豊川店配属
(中途採用)

2006

豊川店
副店長

2007

長久手店
副店長

2011

長久手店
店長

2014

曙店
店長

2015

上志段味店
店長

2017

長久手店
店長

2018

エリア
マネージャー
(担当店舗:
長久手・前山)
兼任

一日のスケジュール
(週の後半)

  • 11:30出勤 メールチェック お店全体の売場の確認(長久手店)
  • 12:30週はじめで打ち合わせた内容の売場が修正されているか確認
  • 13:30お客様の反応をチェック
  • 14:30新人教育状況の確認と把握 今後の方針を伝える
  • 16:301時間休憩
  • 18:30前山店に店舗移動
  • 19:30スタッフに挨拶しながら各売場を確認
  • 20:0015分休憩
  • 20:30店長と打ち合わせた内容の売場を確認
  • 21:00新人店長へ指導とアドバイス
  • 21:30メールチェック 退勤

インタビュー

Q1.やりがいを感じるポイントはどこですか?

自分は、どこまでいけるだろう。 オンセブンデイズで働き出したのは、たまたまバイト募集の張り紙を見つけたから。でも、働き続けているのは理由があります。
ここは、挑戦させてくれる会社。
バイトとして入社して、いろんなことを覚えるのが楽しくて。正社員への社内エントリーを受けさせてもらって2回目で正社員に。 その後、副店長・店長とキャリアを重ねているときに新店ができるという話を聞いて。社長にその新店で新たにチャレンジしたいと立候補しました。
実績でもアピールするために当時いたお店の売上を伸ばすことに集中しました。おかげさまで、新店の店長として働けることになりました。
さらに3年後、エリアマネージャーを任せていただき、今は店長も兼任しながら働いています。

Q2.オンセブンデイズの良いところはどこですか?

取り柄がない人なんていないと、
気づかせてくれた先輩
今もそうだけれど、出世意欲が強いというわけではありません。入社する前は自分には取り柄がない、接客も向いてないとさえ思っていましたから。
ただ、働きだして一緒に働く先輩たちが気づかせてくれるんです。「青山さんって、接客得意だよね」とか「お客様と積極的に話をしているよね」とか。 私からすると、たまたま話かけていただいたことが多いという感じなんですが、お客様と触れ合っている時間が楽しいんですね。
接客だけじゃなくて、普段はとくに意識せずにやっていたこともしっかり見ていてくれる。「これができるなら、きっと店長やエリアマネージャーもやれるよ」と伝えてくれる。
だからこそ、自分も前向きにチャレンジできているんだと思っています。

Q3.これからの目標はなんですか?

全力を継続すること。
それだけです。
できないことが、できるようになっていくのが楽しくて「今やれることを全力で頑張ろう」ずっとその気持ちでやってきました。
これからもこのスタンスを継続することが、目標ですね。まず目の前のことを一生懸命やる。それを乗り越えたら次のことに取り組む。昇れるところまで昇ってみたい。
知りたがりの自分はひとつの職業を極めたいというより、いろんな職業をやってみたいという気持ちもありますが、オンセブンデイズは長く働いていても驚きや新しい発見があって飽きることがない。 だから私はまだまだここにいて、全力疾走したいと思っています。

学生さんへのメッセージ

一人ひとりの良さを見つけてくれる会社です。決して独りで悩まないようにしてくれます。
私自身も最初はこの会社が合っているかわからないまま入社しました。 そのなかで支えてくれる方たちがいたからこそ、今の私がいます。
エリアマネージャーという立場になったからこそ、仲間が悩んでいるときは一緒に悩んで一緒に試行錯誤しながら背中を押してあげたい。
こういう人じゃないと活躍できないとかではなく、色々な人がいるからこそ、色々な角度の強みが発揮できて、お店は強くなります。
雑貨が好きかどうかに限らず面白そうだなと思ったら思いきって飛び込んできてください。
あなたの思いを受けて止めてくれる環境がオンセブンデイズにありますから。